カニ料理でアレルギーや食中毒はあるの?

カニ料理でアレルギーや食中毒はあるの?

 

みんな大好きカニ料理!
でも、気になるのは、かににもアレルギーや食中毒があるのか?ということ。
せっかくかにを準備したのに、アレルギーで食べられなかったり、食中毒になってしまったりしたら、とっても悲しいですもんね。
今回は、かにのアレルギーと食中毒についてまとめてみました。

 

 

 

かにのアレルギーについて

 

かにのアレルギーは、かに以外にもエビや貝、いかなども含む、甲殻類アレルギーが挙げられます。
これは、今までアレルギー症状を起こしたことがなかった人でも今日にも起こしてしまう可能性があります。
これまで一度でもかにやエビを食べてじんましんなどの症状が表われたことのある人は、ほぼ間違いなく甲殻類アレルギーだと言えます。

 

 

 

甲殻類アレルギーの症状

 

 

  • 皮膚や粘膜の症状…じんましんやかゆみなど
  •  

  • 呼吸器系の症状…くしゃみやせき、ぜんそくなど
  •  

  • 消化器系の症状…下痢、腹痛など
  •  

  • アナフィラキシーショック…上記の症状が複合的に発生すること。命の危険を伴います。

 

このような症状がこれまでに表れたことがある方は、注意が必要です。
また、これまで症状がなかった方も、かにを食べにいったときにこのような症状が表れたらすぐに食事をストップするようにしましょう。

 

 

 

かにの食中毒について

 

かにを含む海産物を食べる際は、常に食中毒の危険性と隣り合わせです。
特に、加熱処理を施していない海産物を食べるときには、菌やウイルスが死滅していない可能性があるので、注意が必要です。

 

かにの食中毒の症状

 

 

  • 下痢、腹痛、嘔吐
  •  

  • 発熱

 

かにの食中毒も、一般的な食中毒と症状は変わりません。

 

 

 

かにの食中毒の対処法

 

かにの食中毒は、健康な人であれば、2?3日もすれば回復します。
そのため、お年寄りや子供など、身体の弱い方以外は、何日間か安静にしていれば、すぐに回復します。
もし、数日経っても回復しないようなら、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

また、食中毒の時は下痢止めは飲まない方がいいです。
食中毒は食品と一緒に体内に入ったウイルスが原因なので、ウイルスさえ体の外に出てしまえば症状は回復します。
ウイルスを一刻も早く体外に出せるよう、水分をたくさん摂り、下痢止め等は飲まないようにしましょう。

 

 

 

食中毒の予防法

 

  • 新鮮な状態のかにを食べる
  •  

  • 購入後はすぐに冷蔵庫に入れる
  •  

  • まな板、包丁は殺菌したものを使用する

 

とにかく、常に清潔を心がけ、購入後はすぐに食べるようにしましょう。
特に、カニ刺しやかにしゃぶなど、完全に火が通らない状態で食べる際には、注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

 

かに料理のアレルギーと食中毒について、おわかりいただけましたか?
せっかくおいしいかにを食べるなら、最後まで楽しく食べたいもの。
ご紹介した内容をよく読んで、おいしいかにを楽しく味わってくださいね。


関連ページ

カニについてる黒い粒!カニビルってなに?
カニについてる黒い粒!カニビルについてご紹介いたします。皆さんはカニビルをご存知でしょうか?カニの甲羅についている黒いツブツブです。このカニビルは一体どんなものなのかお教え致します。