カニについてる黒い粒!カニビルってなに?

カニについてる黒い粒!カニビルってなに?

 

みんな大好き、かに!
かに旅行やプチ贅沢などで、たまに食べるたび、そのおいしさに感動しますよね。
でも、そんなかに、甲羅に黒いツブツブが付いているのを見たことがありますか?
私も、女子旅でかにを食べたときに、みんなで「これなに!?かにの卵?」「なんか気持ち悪い!」とはしゃいだ記憶があります(笑)
ここでは、そんなかにの甲羅についている黒いつぶつぶに隠された秘密に迫ってみたいと思います。

 

 

 

かにの甲羅の黒いつぶつぶの正体は?

 

かにの甲羅についている黒いつぶつぶは、「カニビル」というヒルの卵です。
ヒルといっても、かにの体液を吸ったりするわけではないので、かに自体の味などに影響はありません。
カニビルは、本来固い場所に卵を産みつけるのですが、生息環境が泥など海底に近いところだった場合、卵を産みつけられるような場所がありません。
そのため、硬い殻を持つかにの背中に卵を産みつけるんですね。

 

 

 

カニビルはおいしいかにの証拠

 

かにの甲羅についている黒いつぶつぶは、カニビルの卵だということをお話ししました。
そして実は、このカニビルの卵は、おいしいかにを選ぶときの目安にもなるんです!

 

 

 

 

かには、成長とともに脱皮します。
しかしこの脱皮は、かににとってはかなり体力を使う作業。
そのため、脱皮直後のかには、身入りが悪く、旨味も少ないという特徴があります。

 

 

 

しかしカニビルがついているかには、脱皮をしてから少なくともカニビルに卵を産みつけられるまでの期間が経っていることになります。
そのため、カニビルの卵がたくさんついていればいるほど、脱皮してから時間が経過しており、身入りがしっかりしているという目安になるんですね!

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?
カニビルの卵は、見た目があまりよくないので、ついつい敬遠しがち。
でも、カニビルの卵のついているかにこそが、おいしいかにだったんですね!

 

また、このカニビルがついているかどうかは、おいしいかにの見分け方の中でもメジャーな方法。

 

 

他の見分け方は、こちらのページでもご紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

ズワイガニの通販は本当に北陸産がいいの?失敗しない選び方と美味しい食べ方

越前ガニはズワイガニの王様?通販で失敗しない選び方と美味しい食べ方

 

 

今後実際にかにを選ぶ際には、ぜひカニビルの卵のついた、身入りの良くおいしいかにを選ぶようにしてください。


関連ページ

カニ料理でアレルギーや食中毒はあるの?
カニ料理でアレルギーや食中毒はあるの?について説明いたします。カニ料理を食べる上で気になるのはアレルギーや食中毒ではないでしょうか?安全にカニ料理を楽しむためにも是非参考にしてください。